アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

新型イヤホンジャックの試作品

イヤホンジャックの試作品

INFO CATEGORY HEADPHONE CAP

XPERIA1mk2以降から再搭載された3.5mmイヤホンジャックのおかげで需要が高まるイヤホンジャックピアス

従来よりヘッドフォンキャップとしてアルマニアでも商品をラインナップしておりましたが、当時iPhone向けにも対応するべく、SIMトレーの取り出し用にステンレス製の押し出しピンが装着されておりました。

しかしながら、現在のiPhoneシリーズには既にイヤホンジャックは廃止され、イヤホンジャックピアスはXPERIAが中心に利用されやすくなる方向へ移行しました。そうした場合、ステンレスの押し出しピン部分はつまようじにもならないので、無駄な機能部分にもなります。

SIMトレー交換用の押し出しステンレスピン
今となっては利用価値の低いステンレスピン

現在アルマニアで販売されているイヤホンジャックピアスは全てにステンレスピンを設けたiPhoneのSIMトレー押しピン付きとなっています。

イヤホンジャックピアスの種類

そこで、SIMトレーの押しピンは無くした単機能のイヤホンジャックピアスを商品化に向けて進めています。

押しピン部分は折れても困ります。アルミでは弱すぎて強度が保てないのでステンレスで制作して圧入していますので、どうしてもコスト面も上がってしまいます。

こちらはそんな単機能イヤホンジャックの試作品です。スマホ本体に差し込むジャック部分は真鍮で制作しており、Oリングの太さも上げて耐久性の向上に繋げます。

今までステンレスの押しピンを圧入する必要があることから、Oリングも直径が小さいものを選ぶしかなかったのですが、押しピンを無くすことで大径化が可能になります。

新型イヤホンジャックの試作品
Oリングはダブルで予定しています。

装着した状態はヘッドのアルミの部分しか見えないものですが、今回はまずは極めてシンプルなデザインで外しやすいヘッド形状で進めています。

新型イヤホンジャックをXPERIAに装着
ヘッドをつまみやすくして抜き取りしやすい形状へ

試作品の確認中において、真鍮製には問題があることが発覚しているため、現在これを樹脂製に変更するよう再設計を行い準備を進めています。
そのため、まだ発売時期等は未定ですが、いずれは商品化予定となっております。

次期XPERIA系の商品が揃うまでには間に合わせたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

NEW ITEM LINK

おすすめ記事