アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

iPhone11シリーズのカメラ部分サイズ違い

iPhone11 Pro MAX XR Xs

iPhone11シリーズの3モデル(iPhone11、11Pro、11ProMAX)別で、デザイン面でも最も大きな特徴となった、カメラ部分の突起サイズを本体図面から比較してみました。

(正確にはアウトラインの突起開始のR位置寸法比較のため、突起を実測すれば異なりますが大きさの比較参考にはなります。)

カメラ突起部のサイズ比較

iPhone11シリーズのカメラ突起大きさ比較
黄色のラインと赤いラインで中心を合わせて位置比較

11Proと11ProMAXは同じ大きさです。

確認してみますと、トリプルレンズのiPhone11ProとProMAXは全く同じサイズ12.23x13.07㎜で、レンズ位置や突起高さも同じ(1.21㎜)でした。これは様々なレンズ用のアクセサリーは共通で利用できることを意味しています。

iPhone11はサイズが異なります。

一方、ダブルレンズのiPhone11は、Proシリーズとはレンズ位置も異なる共通性のないサイズになっており、11.5x12.78㎜となっていました。(突起高さは1.48㎜)

  • 11proとMAX = 12.23x13.07 t1.21
  • iPhone11 = 11.5x12.78 t1.48

レンズ周りのアクセサリー選び注意点

大きさはほぼ同じようですし正方形にも見えて11シリーズ3モデル、レンズ周りのアクセサリー類が 全部共通で使えそうに見えてしまいます。

しかしながら、レンズ周りのアクセサリー品を選ぶ際には「ProとMAXは共通、11は単独」サイズになりますので注意が必要です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

NEW ITEM LINK

コメントは受け付けていません。