アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

iPhone12とiPhone12 Pro用ガラスフィルムを発売開始

iPhoen12用GLASS DEFENDERサムネイル

INFO CATEGORY iPhone12/Pro/MAX/Mini

6.1インチモデルとなり、共通ボディーを持つ、【iPhone12】と【iPhone12 Pro】に共通でご利用いただける、ガラスフィルム「GLASS DEFENDER」をアルマニアストアで発売を開始しました。

iPhone12 シリーズ用ガラスフィルム
早くもアルマニアからiPhone12用ガラスフィルムが登場です。

こちらの製品は、今後発売予定のバンパーなど、アルマニア製品と同時装着できるような設計に仕上げています。

iPhone12/Pro共用GLASS DEFENDERの主な特徴

  • エッジラウンド仕上げでスムーズな端面仕上げ
  • 一般的な極薄0.2mmタイプよりも厚い0.33mmのガラスにより割れにくくなっています。
  • 表面コーティング仕上げが撥水効果とスムーズな画面タッチ操作
  • 全面シリコン接着の自己吸着型により、気泡が自ら抜けて簡単に本体へ接着ができます。
  • アルコールパッド、ゴミ取りシール、吹き上げクロスを付属
  • 安心の1パッケージ構成です。
  • 飛散防止処理で万が一の割れにも安心
  • 縁をブラックアウトしたシルクプリント仕上げ

iPhone12用GLASS DEFENDERの製品仕様について

iPhone12用に今回ご用意したガラスフィルムは、消耗品としてリーズナブル快適にご利用いただけるように、あくまでもスタンダードな機能性のみとなっています。

この消耗品」として推奨するのは、ガラスは必ず傷が付いてしまいます。
これは硬度9Hや10Hなどで表される誘導表記ともいえる鉛筆硬度であり、「いかにも全く傷がつかない」と勘違いされるような表記でもあります。この点については以下の記事を参考にしてください。

ガラスフィルムの9Hは何? 10Hで傷が付くか検証

製品(iPhoen12用のGLASS DEFENDER)には、厚みが0.33mmの透明強化ガラスを素材に用い、柔軟な曲げにも対応します。仮に割れや破損しても飛散防止加工により割れ落ちることもなく安心設計です。

ガラスフィルムの曲げ性能
折り曲げても割れることはありません。

あまり試すことはないと思いますが、素材がガラスといってもこれほど曲げても割れることはありません。

ガラスフィルムが割れた場合の飛散防止

飛散防止機能の概要
GLASS DEFENDERが割れた状態

ガラスフィルムは割れた際に、極小の粒になって飛び散る場合はあります。これはガラス厚み以下の粒になり、裏面(接着面)の飛散防止が効かないためです。

GLASS DEFENDERの装着手順紹介

装着前にiPhone12 本体の画面を綺麗にしておくことが重要です。自己吸着型のガラスフィルム装着としては手順は大まかには3っつです。

  1. 白い台座部分を曲げて、ガラスフィルムを剥がします。
  2. ガラスフィルムの縁を持って、本体に位置合わせます。
  3. ガラスフィルムを本体に載せて中心を押して、自己吸着させます。

手順1:ガラスフィルムを台座から剥がす

GLASS DEFENDERを台座から外す

手順2:装着する本体との位置合わせ

iPhone12 シリーズの場合は本体上部の穴位置が基準となります。平行になるよう位置合わせして、そっと画面上にガラスフィルムを置きます。

GLASS DEFENDERの位置合わせ

この時、位置がズレても、貼り直しが可能です。ホコリが付きやすくなりますので、一度ゴミやホコリ、糸くずなどが付いていないか確認してください。必要に応じて除去してください。

手順3:自己吸着と空気抜き

手順2の時にガラスフィルムを置いたときから自己吸着が始まってしまう場合もありますが、基本は中心から外へ広げて空気抜き(自己吸着)させます。

今回のiPhone12 シリーズは極めて画面がフラットになっていますので、失敗しやすい3D曲面形状などと違い、比較的簡単に装着でき、綺麗な仕上がりとなる可能性が大変高くなっておりお勧めです。

GLASS DEFENDERの自己吸着

付属品も揃ったワンパッケージ構成です

自己吸着型のガラスフィルムは、とにかく装着前の画面表面にゴミ一つ無い状態にしておくこと装着後の仕上がりを左右するポイントになります。

そのため、ガラスフィルムの装着前に利用しやすい、3っつのアイテムが付属されています。使用する順番も1,2,3の順番でご利用ください。

  1. アルコールパッド = 画面の油分除去
  2. クリーニングクロス = 画面の清掃、ふき取り用
  3. ゴミ取りシール = 接着面のホコリ取りで貼って剥がすを繰り返す
iPhone12用ガラスフィルムの商品構成
製品以外の付属品は袋にまとめています

付属品の中の「Dust Remover」(ダストリムーバー)は、ガラスフィルムの糊面(接着面)に付いてしまったホコリやチリを取る際に使用を推奨する便利なシールになっています。

接着面に付いたゴミを指で取ろうとすると、接着面を痛めてしまい、その部分だけ接着ができなくなることもあります。

MiniとMax用もラインナップします。

【iPhone12 Mini】及び、【iPhone12 Pro Max】用についてもGLASS DEFENDER(ガラスディフェンダー)の製品化予定です。

この2モデルについては本体発売前にも発売開始ができるよう、準備を進めております。→11月11日発売を開始しました!

iPhone12シリーズの4モデル向けにGLASS DEFENDER

アルマニアストアでは、iPhone12/Mini/Pro/Maxの4モデル向けのガラスフィルムを各種取り揃えております。

アルマニアのiPhone12シリーズ用ガラスディフェンダー

アルマニアストアで【iPhone12 Mini用 GLASS DEFENDER】を購入する→

アルマニアストアで【iPhone12/Pro用 GLASS DEFENDER】を購入する→

アルマニアストアで【iPhone12 Pro Max用 GLASS DEFENDER】を購入する→

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらシェアしてね!

コメントは受け付けていません。

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

NEW ITEM LINK

おすすめ記事