アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

iPhone13シリーズが発表されました。

iphone13_bumper_fitting

大方の予想通りとなりました、iPhone13シリーズ4モデルは日本時間9月15日AM2:00~のアップルイベントにて発表されました。発表された各モデルも発表前の事前情報通りだったという結果でした。

アップルイベント2021の模様

今回発表された新モデル

  • iPhone13 / mini
  • iPhone13 Pro / Pro Max
  • apple Watch (series7)
  • iPad mini
  • iPad

ここではiPhone13について記載しております。

iPhone13シリーズでは大方の予想通り、特に驚く機能やデザインの追加・変更はなく、やはりiPhone12シリーズの進化版(マイナーチェンジ版)といった具合になりました。
それでもカメラ性能の向上やバッテリー容量、ノッチの縮小などiPhone12と比べれば、やはりiPhone13の方がオススメになります。

しかし、iPhone12シリーズを既に持っている方には、わざわざiPhone12 → iPhone13への変更までにはつながりにくいものです。

現時点で公開された情報の中からアルマニアのバンパー及び関連商品が関係する内容のみを記載しておきますので、iPhone13シリーズの細かいスペック等は省きます。

iPhone13の大きさは縦横が同じだが、厚みは0.25mm増えた

iPhone12→13になりまして、本体の厚みが4モデルともに+0.25㎜増加しています。4モデル同じ厚み違いで【7.4】 → 【7.65】(mm)になっています。
また、重量も増加しています。Proの方が重量増加比率は大きくなっていますが、バッテリー容量アップの影響が主な原因のように思われます。

iPhone13と12の大きさ比較
iPhone13 proの大きさ

エッジラインバンパーは装着できる?

iPhone13 proのイメージ

まずはアルマニアのバンパー(iPhone12用)がiPhone13に装着できるかといった点でお知らせしますと、現時点では不明です。

公称値の簡易表示サイズからだけでは装着可能かどうかは判別できません。
これはもう少し詳細に確認していきますので、現時点でデザインが同じだし、「厚みがちょっと変わっただけなら装着できるだろう」と思い込んで、商品をお求めにならないようご注意ください。

エッジラインバンパー装着未確認
アルマニアバンパーが装着できるかはまだ分かりません

単純に本体とバンパーが関係する箇所の厚みが+0.25mm増加したならば、アルマニアのバンパーはiPhone12用はiPhone13に装着はできません。それほどの余裕もない設計を行っております。

しかし、どの部分が+0.25mmなのかという点では現時点で調査が及びませんので、不明な状況です。これに関しては装着できない場合はiPhone13用に商品化を検討しますので、分かり次第お知らせ致します。

現行品がiPhone13に装着できない場合

iPhone13のイメージ

現行品がiPhone13シリーズに対応できる場合は、現行品での対応を予定しております。一方、対応できなかった場合は、iPhone13向けに新たな設計にて新バンパーを検討して参ります。しかしながら、現状では全くの未定の状況です。(再来週頃には判明すると思います。)

レンズプロテクターはiPhone13用に新規となります

位置変更されたiPhone13のレンズ位置
対角上に位置が変わったiPhone13/miniのレンズ

iPhone13ではカメラレンズ位置が違っておりますので、レンズプロテクターは新規になります。4シリーズ全てで新商品を検討して参りますが、今後はHG(ハイグレード)タイプのみとなる予定です。

ガラスフィルム系についてもノッチサイズが変わったことから、iPhone13シリーズ用に新規製作が必要になりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をシェアする

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

NEW ITEM LINK