アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

iPhone13シリーズ向けレンズプロテクターが登場します

アルマニアのiPhone13Pro用レンズプロテクター

iPhone13シリーズに対応するアルマニアの「レンズプロテクター」(miniとSTD向けの2眼用と、ProとMAXの3眼用)が、アルマニアストアにてまもなく販売開始となります。

少々お時間がかかりましたが、iPhone12シリーズではデザイン違いの2種類としていたSTD仕様とHG仕様を取りやめ、従来のHG仕様がアルマニアのレンズプロテクターの標準仕様となり、デザイン面では1種のみとなります。

iPhone13Proのシエラブルーとレンズプロテクターのスカイブルー組み合わせ
iPhone13Proのシエラブルーとスカイブルーの組み合わせ

商品の主な特徴

  • 新たにレンズの位置にそのレンズのf値と焦点距離をレーザーにて記載
  • アルミのフルビレット加工品で全周と内周に鏡面仕上げのダイヤモンドカットを施しています
  • 商品厚みによって本体レンズの表面を保護し、傷が付くことを気にすることなく背面側を平置きできるようになります
  • 取り付けは簡単な両面テープ接着
  • モデルカラーに合わせた各5色ラインナップ

iPhone12シリーズの4モデル用では、レンズプロテクターも形状違い4種類で、かつデザインも2種類と合計8種類。それに加えて異なるカラーラインナップでもありましたので、非常に複雑な状況となっておりました。

4タイプに適合する2種類の形状違い

今回のiPhone13向けには、iPhone12では個別に異なっていたレンズ形状と位置が統一化され、2種類に分けられるようになり、レンズプロテクターも(2眼か3眼かの)2種類形状のみとなり、非常にシンプル化されました。

  • 2眼タイプ=miniとiPhone13に適合
  • 3眼タイプ=ProとMAXに適合
アルマニアのiPhone13用レンズプロテクター適合表
2眼か3眼かに分かれます

miniとiPhone13は2眼のため、品番「IP-A1354-**」が適合します。(**カラーコード)
一方、ProとMAXは品番「IP-A1367-**」が適合する、2種類のシンプル構成になりました。

いずれも新商品はiPhone12シリーズには利用できません。iPhone13シリーズ用はiPhone13にしか利用できません

mini(5.4”)とiPhone13(6.1”)に適合する2眼仕様

性能が一段とアップしたminiとiPhone13の2眼レンズに対応する新型レンズプロテクターです。
カラーはアルマイト仕上げのため本体色側のラインナップに完全には適合できませんが、以下のようにモデルごとに近づくカラー構成で5色の設定です。

  • ミッドナイト = BLACK
  • スターライト = SILVER
  • プロダクトレッド = RED
  • ピンク = PINK
  • ブルー = NAVY
iPhone13 miniとiPhone13のレンズプロテクター

こちらの2眼用については来週の12月13日以降の販売開始を予定しております。
現在商品サイトの製作中です。

(2021年12月13日追記)
発売開始を12月13日以降としておりましたが、準備が間に合わず1週間程度、発売開始時期が延期されます。

製品自体の厚みは若干厚みは増えまして、
iPhone12mini用:製品厚み1.0㎜ → iPhone13/mini用:1.2㎜
となります。0.2mm程度ではありますので、それほど厚み増加分を感じるものではありません。なお、レンズ表面と製品表面の距離は0.15mmほどになります。

Pro(6.1”)とMax(6.7”)に適合する3眼仕様

ProとMAXの3眼向けには、空間センサーとなるLiDAR用にアップルのガイドラインに準じた位置とサイズの開口部を設けており、本体のカメラ性能を損なうことなくご利用いただけます。

また、3種類のレンズ位置にはf値と焦点距離を記載しており、接写時などで画角が変わってしまった時に、倍率に対するレンズ位置をスムーズに確認できるようなっています。

  • ミッドナイト = BLACK
  • シルバー = SILVER
  • ゴールド = CHAMPAGNE(GOLD)
  • シエラブルー = SKY BLUE
  • 本体色無し = RED
iPhone13ProとiPhone13 Pro MAXのレンズプロテクター
光加減で スカイブルーはシルバーのように写っています(画像左下)

3眼用については発売開始が来週の12月15日前後になります。現在販売開始に向けた準備中となります。

(2021年12月13日追記)
発売開始を12月15日以降としておりましたが、準備が間に合わず、発売開始時期が数日間延期されます。

Proシリーズ向けの3眼用は、本体レンズの突起量もiPhone12シリーズ時よりも高くなりましたので、その分レンズプロテクターの厚みも上がっています。
iPhone12Pro用:製品厚み1.2㎜ iPhone12 Pro MAX用:製品厚み1.45㎜
 → iPhone13Pro / Pro MAX用:2.1㎜

厚みがPro用からするとかなりの厚み増加になります。装着後も面積と厚みの増加で少々威圧感が増すような印象になります。

なお、レンズ表面と製品表面の距離は0.2mmほどになります。

2眼用はレンズ突起周辺の汚れ隠しとしても活躍します

miniとiPhone13のレンズ突起のベース面はProシリーズと異なり、クリスタルの鏡面ではなくシボがかかった樹脂面となります。
その影響で突起周辺の汚れがなかなか気になります。直角に突出しているため掃除も大変です。

装着前の汚れた状態

iPhone13レンズ周りの汚れ
拭き取りにくく、残りやすいiPhone13のレンズ突起周りの汚れ

レンズプロテクターを装着してしまえば、その突起の直角部分は隠れてフラットになりますので、メンテナンスも楽になります。

レンズプロテクターの装着後

レンズ周りの汚れも隠し、豪華さや質感アップ、何よりレンズ表面の保護に役立つ大変お勧めのアイテムとなります。
なお、Pro系のカメラレンズ突起周辺は鏡面クリスタルのため、あまり汚れは目立ちません。

iPhone13シリーズのバンパーの進捗状況

レンズプロテクターに続き、エッジラインバンパーとガラスフィルムやバックディフェンダーについても2021年度内に一部のカラーは販売開始できるよう準備を進めています。(※mini用のバンパーは来年1月になりそうです)
生産も佳境に入ってきており、少々予定よりは遅れがちではありましたが、まもなく販売開始できる見込みです。

iPhone13シリーズにはエッジラインシリーズの3サイズになります。iPhone13とProは共通ボディーサイズのため共用で利用できるバンパーになります。

  1. 5.4” iPhone 13 mini用 (iPhone12 mini利用可)
  2. 6.1” iPhone13 / iPhone 13 Pro (2モデル共用で13シリーズ専用)
  3. 6.7” iPhone13 Pro MAX専用

iPhone13mini用のみ、iPhone12miniでも利用できるようになります。
(一部注意事項あり)

iPhone13/Pro,MAX用はiPhone12/Pro,MAXにはボタン位置が異なることが大きな要因でご利用できません。

iPhone13シリーズ用のバンパーは前作の各iPhone12シリーズ用とは大きく変わります。
詳細については商品サイトをご覧いただくようになりますので、現在、商品サイトの公開開始に向けたサイト製作も開始しています。

iPhone13/Pro用エッジラインバンパーの検査
まもなく販売開始のiPhone13/Pro用エッジラインバンパー

画像の状態は切削が完了し、アルマイトの後に最終加工のレーザー印字を行った、組み合わせと精度検査中の状態です。

iPhone13シリーズの各種商品の進捗状況、販売時期などを当インフォメーションにて適時ご案内して参りますので、今後の情報にご期待ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をシェアする

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

NEW ITEM LINK