アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

iPhone13シリーズ向けレンズプロテクター(試作品)

iPhone13用レンズプロテクターの試作品

現在開発を進めているiPhone13シリーズ向けに、カメラレンズ保護に役立つ「HG LENS Protector」の試作品が完成しております。

iPhone12では4種類の個別で異なっていたレンズにより、各モデル専用で4種類となっておりましたが、STDシリーズ(miniとiPhone13)とProシリーズ(ProとMAX)がそれぞれで同じレンズになったことで、レンズプロテクターもiPhone13用にはこの2種類(2眼か3眼)で分かれて共通利用できるようになります。

iPhone13シリーズ用レンズプロテクターの種類

iPhone13シリーズへの適合(予定)

  • 3眼用=「iPhone13 Pro」「iPhone13 Pro MAX」
  • 2眼用=「iPhone13 mini」「iPhone13」

※厳密にはiPhone13でも各モデルで微妙に個別のレンズ位置や突起外径の大きさなどは異なりますが、中間点を利用し余裕を持たせて共通化できるように設計しています。

現時点では最適な材料が無いため、製品表面の上面を切削して厚み調整した試作品となっていますので、見た感じはちょっと良くない状態になっており、あくまでも形状確認・実際の取り付け確認用のための試作品状態です。

iPhone12シリーズよりもiPhone13の4種類全てでレンズエリアの面積と個別のレンズ突起量も増しています。そのため、それに対してレンズプロテクターもiPhone12シリーズ用と比較して全体が大型化になります。

iPhone13 ProとMAXの試作品

iPhone13pro/MAx用レンズプロテクター試作品の正面
左がiPhone12Pro用の既存品

iPhone12Proには、MAXのみで性能が高いレンズが採用されていましたので、個別レンズの表面積もMAXに比べれば小さかったのですが、iPhone13になり、MAXとレンズが共通化されたことで、特にiPhone13 Proではレンズ突起の表面積も大型化されています。

それだけでもかなりのレンズエリアが拡大されたことが感じられます。

iPhone13pro/MAx用レンズプロテクター試作品厚み方向
製品厚みが増したことが分かると思います。

iPhone12 Pro用では(レンズプロテクターの)製品の素材厚みが1.0mm程度でしたが、iPhone13 Proには、MAXと共通化になったことで、2倍に相当する2mmほどの厚みになります。
そうすることで、レンズ表面が机上にそのまま平置きしても本体のレンズ表面が接触しない位置までカバーできるようになります。

厚みが増加した分、全周と内周の鏡面カット方法や印字などの調整を行っていきますので、iPhone12Proの製品デザインから基本は同じですが、印象は変わっていきます。

極力、iPhone13Proシリーズ向けには、大きさアップと厚みアップでの塊(カタマリ)感は払拭できるよう切削加工デザインで工夫していきます。

iPhone13 miniとノーマルiPhone13の試作品

iPhone13/mini用レンズプロテクター試作正面

こちらの2眼用も色や文字も無い状態の試作品のため、ひとまず装着されているといった状態の画像で既存品と比較しても遜色ないように感じるかもしれません。

iPhone13/mini用レンズプロテクター試作品厚み方向

iPhone12の厚みも1.0mmでしたが、こちらは大幅なレンズ突起量の拡大が無かったため、製品厚みは1.15mm程度と15%ほどしか厚みアップはしていません。

全周の面取りカーブの角度を変え、Pro系(3眼)に生産加工も共通化することにより、こちらもiPhone12,mini用から製品版では印象は変わります。

iPhone13シリーズ向けの開発進捗

今回ご紹介した「レンズプロテクター」は試作品の状態で特に問題点は見られなかったため、この後生産を開始して参ります。
レンズプロテクターは生産工数的には少ないものではありますが、現在様々な商品の生産が追い付いていない状況でもあり、数日後直ぐに販売開始できるほどではありません。

順調に進んでもレンズプロテクターは現時点で11月中旬から下旬の販売開始見込みです。
ガラスフィルム系はまもなく準備が整い、販売開始できる見込みとなっております。また、バンパーについても現在試作製作に移行しています。

それぞれの進捗につきましては、また、こちらのインフォメーションにて都度ご案内して参りますので、どうぞご期待ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をシェアする

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

NEW ITEM LINK