アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

iPhone13 Pro用EDGE LINEの試作品

iphone13 pro用エッジラインの試作品

INFO CATEGORY iPhone13,12/Pro/MAX/Mini

一次試作が完成した現在開発中の【EDGE LINE for iPhone13 Pro】を本体に装着し屋外での各種テストを開始しています。
iPhone13シリーズ向け各商品の進捗状況をお知らせして参ります。

iPhone12シリーズ向けから比べ、iPhone13シリーズ向けのバンパーでは、その全体のアウトラインを大幅に変え、上下左右の対象ラインを中心にします。これにより、よりiPhoneの本体デザインに寄りそうアウトラインへと変更になります。

iphone13 pro用エッジラインの試作品を装着
1次試作が完了したエッジラインを実機に装着テスト

iPhone12シリーズからiPhone13シリーズになり、本体デザイン面では大きな変更は無く、2種類を並べてもパッと見では区別もつかないほどですが、(miniは除き)ボタン位置が変わっていたり、カメラレンズの大きさが変わっていたりと、細かい部分が積み重なってケース類の共通性は低いマイナーチェンジモデルになっています。

そのため、エッジラインバンパーも新作が必要となります。
iPhone12シリーズ向けの設計から問題点を洗い出し、新たなチャレンジも含めたiPhone13シリーズに合わせた新作エッジラインの開発を進めています。

ProとMAX用は分割位置が上部になります。

iphone13 pro用エッジラインの設計デザイン
設計上のエッジライン(iPhone13 Pro)

iPhone13のProシリーズ用では、EDGE LINE史上で初めてとなる上下バンパーの分割位置が上部に変更となります。
この変更の主な要因はiPhone12から更に大型化されたiPhone13シリーズの背面側のレンズ突出量によるもので、そのレンズ突起を回避するためにバンパー側の分割位置を上部に移動させることになりました。

この分割位置の変更はProシリーズ(iPhone13 ProとPro Max)とProと共通のiPhone13用となり、iPhone13 mini用は従来の下部での分割になります。

iphone13 pro用エッジラインの試作品
分割位置の変更と移動したスピーカー回避部

分割位置の変更で従来からエッジラインをご利用されている方には、少々違和感を覚えると思いますが、慣れてしまえば自然なフィーリングになっていきます。

また、正面側の主な変更点(違い)としては、スピーカー位置が上部ディスプレイの端に移動したiPhone13シリーズ向けに、バンパーのインライン(内側)もそれを回避&余裕を持たせています。

背面系のBACK DEFENDERも同時進行

iphone13 mini用バックディフェンダーの試作品
iPhone13 mini用のバックディフェンダー(試作品)

こちらはiPhone13 mini用のBACK DEFENDERの試作品です。製品版とはカラーなどが異なり、もちろんエッジラインバンパーと同時装着できるようなサイズになります。

今回のiPhone13シリーズ向けバックディフェンダーでは、ProやMAXも単品装着でもご利用可能なサイズになる予定です。レンズの突起までは高さ的にカバーできませんが、レンズはレンズプロテクターで保護していただく格好になります。

iPhone13シリーズ向け商品の今後のスケジュール

バンパー、レンズプロテクター、バックディフェンダー、ガラスフィルムをセットとしたiPhone13シリーズ向けの商品リリースは完成次第開始して参りますが、現時点ではバンパーが試作品状態のため、まだまだお時間は必要になります。

iPhone13シリーズ向けのレンズプロテクター治具
レンズプロテクター用の治具

こちらの画像の物はレンズプロテクター用の治具になります。各種レンズの突起位置を反映したものになりますが、3点支持によって完全に本体位置と製品が狂わないようにしているものになります。

このように一部の部品や商品自身は生産準備や実際の加工を部分部分で開始してもおりますので、効率化による各種商品のリリース時期短縮を進めて参ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をシェアする

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

NEW ITEM LINK