アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

センターフックのシャフト部分の隙間寸法

センターフックを利用してアクセサリー部分を最短になるようにするには、キーリング等を使用せず、直接アクセサリーを取り付ける方も多いと思います。 その際には、取り付けできるサイズは直径で3.9mmまでとなります。 これは、センターシャフトの段付き(経が少し細くなってる部分)部分の図面上の寸法となります。ギリギリではクリアランス(隙間)が無いため3.5mm以下が推奨と言えます。 比較的大きめのカラビナなどは直径も太いため、直接取り付けする事ができません。その場合はキーリングなどを一回経由して取り付ければご利用いただけます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をシェアする

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。