アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

センターフックの変更点

指の触感が痛くて改良したセンターフックですが、この部分のアウトインに面取りとラウンドを大きく変更して格段に触り心地が改善されました。 「面取り加工」は外周には施しやすいのですが、内周の角には工具の直径分があるため加工しきれません。そのため、面取り自体は全てのラインにできるものではないため、どうしても切削品は全体をまんべんなく触れば気になる部分が出てきやすいです。面取り加工は角を取るための面取りですが、加工後は面取りの角もでき、それも痛く感じる場合もあります。 ちょうどエンジンバルブのバルブシート加工のように異なる角度で3段階くらいで構成しないとスムーズさは斜めのカットでは実現出来ません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をシェアする

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。