アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

表面処理の違いについて

New Info(最新情報)

アルマイト表面の処理(見え方)について、alumaniaの『ROUND LINE』の表面と他社製iPhone用と並べてみました。 あくまでも皆様のお好みの違いで、どちらが良いというわけではありません。 120529.jpg 画像下側がalumania『ROUND LINE』(WiMAX用)です。 画像の上の商品は、表現としては「ザラザラ」の仕上げです。これは遠目に撮影されたHPの画像などからは色でしか区別できず、表面の粗さまではほとんど分かりません。これはアルマイト(色付け)前に、砂みないな粒を表面側に打ちこんでザラザラ仕上げにしています。 切削跡、製造上、搬送中などの傷がほとんど消せるため、歩留まりが一気に向上し超大量生産向き、汎用自転車部品などの海外製でよく見られる傾向です。 多くの国内アルミケースメーカーは、ほとんどがレーシングパーツなどを作ってる会社が多いのでalumaniaのような『アルミ削り出し』を強調した仕上げが多いと思います。ただ、この仕上げ方法では管理をしっかりしないと実現できない仕上がりとも言えますので品質管理には苦労しますね。
ブログランキング・にほんブログ村へ

NEW ITEM LINK

コメントは受け付けていません。