Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

ヘアライン加工の違い

★Blog(ブログ)

特にアルミ関連商品や部品に多く見られる表面の縦縞の模様といいますか、筋が見えるものが多くあります。例えば窓枠などの建材などに見られるものは押し出し材と呼ばれ、成形の際に金太郎飴のように棒状で押し出しているため、材料が型を通った時の筋が跡として表面に見えます。

170511

一方削り出した商品での縦筋は、加工前の材料自信に既にヘアラインが加工されているものか、後でヘアライン加工を施す方法があります。画像のものは2種類ともヘアラインを切削加工の後で行ったもののシミュレーション品になります。その場合であればヘアラインの風合いが調整できますし、違いが見受けられると思います。(その後、アルマイトしています)

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE to TOP