アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

ライトニングキャップがまもなく登場致します。

ライトニングキャップ

INFO CATEGORY iPhone12/Pro/MAX/Mini iPhone11 Pro MAX XR Xs iPhone SE2/8/7/6S/6/-PLUS

iPhone12シリーズでMagSafe(ワイヤレス充電)などの無線化により、いずれは廃止も囁かれるライトニング端子が不要で「普段全く使用しない」という方に向けての、ライトニング端子用のキャップを製作しておりました。

iPhoneを利用する方の中には、既に全ての無線化が完結しているような状態で、iPhone本体のライトニング端子は全く使用せず、ただ無駄に空いている状態でしたら特にお勧めするアイテムとなります。

もう少し販売開始までにはお時間をいただきますが、既に製品としては完成しましたので、ご紹介していきます。

iPhoneのボディー形状に合わせて2タイプ

ボディー形状別の2タイプ
フラットなiPhone12向けと全周ラウンド向けの2種類

現時点でiPhoneにはフラットなソリッドボディーとなるiPhone4,5,12と全周がカーブ形状となっているiPhone6からiPhone11までの大別して2つのボディー向けに形状が異なる2タイプをご用意します。

  • 【フラットタイプ】=フラットボディー用( iPhone4,5,12 )
  • 【ラウンドタイプ】=ラウンドボディー用( iPhone6~iPhone11 )
フラット用とラウンド用

この2つの違いは画像のように裏側の形状が異なります。フラットボディー用は平面のため簡単ですが、ラウンドボディー用はiPhone本体の種類と大きさが個別で異なりますので、少し本体よりも大きなカーブを描くような形状にしています。

そのため、ラウンドタイプはモデルによっては少しは隙間が大きく出てしまうようにはなります。
しかしながらラウンドボディーに【フラットタイプ】を使用すると隙間が完全に大きく出てしまいますので、ラウンドボディー用としての【ラウンドタイプ】もご用意することになりました。

フラットタイプをカーブボディーに装着すると

隙間が大きく出る
フラットタイプをラウンドボディーに使用すると…

ラウンドボディーのiPhone6~iPhone11に【フラットタイプ】を装着はできますが、このように隙間が大きめになってしまいますので、iPhone6~iPhone11までのボディーに装着する場合は、【ラウンドタイプ】を推奨します。

ライトニングキャップの部品構成

大変小さいものですが、ただのキャップでは面白くありませんので、削り出したアルミ部品を表面側に組み込んでおり、カラーとワンポイント性を確保しています。差し込み部分は重要なため樹脂製でライトニング端子内でショートすることなく、差し込めばロックがかかって簡単には外れない仕組みになっています。

ライトニングキャップの部品構成
小さいですが部品構成は3っつ(組付け済み)

ただ、このデザインを商品化するために、製品としては部品構成が3っつにもなってしまい、機能性としてはキャップという立場の中で、大変小さいものになり少々お高めに感じられるものになってしまいます。

ライトニングキャップのカラーラインナップ

アルミ部分はアルミバンパーと同じ手法のアルマイト仕上げです。中心部分のパネルにあたる部分は薄いガンメタカラーの一色のみで、周りの切削部品がカラー構成品となります。

ライトニングキャップのカラーラインナップ

  • ガンメタ
  • シルバー
  • レッド
  • ブルー
ライトニングキャップのタイプとカラー構成

タイプが2種類でカラー構成で4色となり、合計8商品となります。

シリコンケース類との同時装着もオススメです。

樹脂部品だけの1ピース構成でしたら価格も安く、高さも抑えられるのですが、製品としての面白みもないため、アルミ部品を組み合わせたものになります。そのため装着後に本体よりも飛び出す高さは設計上2.3mmとなります。たった2.3mm?と思うかもしれませんが、2.3mmは意外に大きくも感じるものです。

シリコンケースと同時装着なら埋まりやすい
様々なケース類との同時装着を想定して小型になっています。

全体的に小型にして、様々なケースなどとの同時装着を目指したサイズになっています。製品の頭の縦横サイズは10.5×2.8mmとなります。

シリコンケースと同時装着のライトニングキャップ
飛び出し量が気にならなくなります。

ケース類を装着されている場合、例えばシリコンケースなどはケースの厚み自体が1~2mmほどありますので、丁度良い具合にキャップの頭の高さ分を吸収してしまうほどにはなります。
装着後の違和感をほとんど感じないほどの装着感が得られます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらシェアしてね!

コメントは受け付けていません。

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

NEW ITEM LINK

おすすめ記事