アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

Xperia 10 IIIが到着し関連商品を検討開始

Xperia 10 IIIはコンパクトサイズ

5GモデルとなったXperiaシリーズの中でも普及モデルに位置する「Xperia 10 III」が、ドコモとauから発売開始となり、弊社にも6月18日(金)に到着しました。

Xperia 10 IIIは【Y!mobile】でも販売予定ですが、docomoとauよりも遅れての登場になっています。またハイエンドモデルの「Xperia 1 III」は7月の販売予定です。

Xperia 10 IIIが到着
本体裏面のdocomoロゴは健在

Xperia 10 シリーズについて、アルマニアでは歴代モデル(Xperia 10 II、Xperia 10)のアルミバンパーは商品化を見送って参りましたが、今回の「Xperia 10 III」については旧モデル(Xperia 10 II)から数多くのスペックアップが図られ5Gにも対応し、非常に魅力的なモデルになったことから商品化対象モデルとして検討を開始しております。

そのまえに、まずは実機の詳細確認を採寸などを行い、それに合わせて簡易設計を行えば製品化の確定ができるようになります。
現時点では未確定ではありますが、概ね商品化の問題はなさそうです。

コンパクトにして必要十分なモデル

コンパクトに分類されるXperia 10 III

大型化が進んだスマートフォンも最近は限界に達したと申しますか、各社でサイズ感は揃い始めてきています。

そんな中、Xperiaの場合は今回のXperia 10 IIIでは横幅が68mmになっています。これはコンパクトモデルと謳うXperia 5 IIの横方向の大きさと同じで、ソニーではこの【68mm】が定評を獲得したサイズとも言えます。

手持ちの感覚でも、68mmという横幅サイズは以前と比べれば大きく感じていたものの、最近のスマートフォンとしては当たり前のサイズ感であり、程よく手に馴染むようになってしまいました。慣れとは怖いものです。

Xperia 10 IIIを開封したところ

Xperia 10 IIIの付属品

Xperiaの国内モデルにはワンセグ・フルセグテレビ視聴機能が特徴でもありましたが、最近のモデルでは廃止傾向のため付属のアンテナケーブルも無くなり、まさに本体のみしか入っていません。付属品は皆無です。

開封する楽しみが半減するほどあっさりとした本体のみの付属品構成、パッケージ構成です。

Xperia 10 III を選ぶにあたって

旧モデルとなってしまったものの、 そもそもXperia 10 IIでも必要にして十分なスペックは持ち合わせていました。
特に今回の新型 Xperia 10 III で大きく変わったのは、やはり5G対応といったところとRAM・ROMが増加したことは新型 Xperia 10 III に機種変更するにも値できると思います。

Xperia 10 IIIの魅力(対Xperia 10 II)

  • 5G対応
  • ROMが64GB→128GB
  • RAMが4GB→6GB
  • バッテリーが3,600mAh→4,500mAh
  • HDR動画再生対応

その他にも細かい違いはありますが、大きなところではこのようなスペックアップになっています。また若干ですが1mm前後でサイズが小さくなり、重量は151g→169gと増加しています。

こちらも新型ではあるものの、やはりXperia Ace2とは比べ物にならないほどの性能面でスペック上でも優位性を持っており、Ace2とは比較対象にはなりません。

Xperia 10 IIIの実機測定

カタログ値で表記される本体寸法では細かくても小数点1位(0.1mm単位)までとなりますが、これ自体はほとんど役に立たない寸法値です。
アルミバンパーを製作するにあたっては0.01mm単位で調整を行っていきますので、もっと小さい単位での寸法を実機から測定して確認して参ります。

3次元測定器で実機測定
3次元測定器

実機からの測定では外形だけの測定なら比較的直ぐに済みますが、ボタンの中心位置を割り出し、マイクやスピーカーなどの小さい部品のディテール(形状)も全て位置出ししていく必要があります。

現在では3Dスキャンの精度は向上しているものの、弊社のアルミバンパーの場合はそれでも役に立ちません。
製品が要求される寸法精度と公差に対して3Dスキャンでは精度がまだまだ到達できていないためです。

外形だけ寸法チェックした状態でも、既にカタログ値とは異なってきております。

ガラスフィルムから

スマートフォンの操作画面は基本的に平面でありますので、こちらに貼り付ける形になるガラスフィルム系の商品であれば比較的素早く設計は完了します。

Xperia 10 III用のGLASS DEFENDER設計
Xperia 10 III用のGLASS DEFENDER設計

今回のXperia 10 III用のGLASS DEFENDERとしては、5 II用と同じくシルクプリントタイプを採用予定です。
全面接着型ではないのですが、逆に貼り付けや普段の取り扱いが非常に楽なガラスフィルムの種類になります。

もちろんアルミバンパーとの同時装着を想定したサイズに調整しておりますし、こちらは単純な Xperia 10 III 用の単品ガラスフィルムとしてご利用いただけますので、リリースについてもアルミバンパー同時期ではなく先に開始できるように進めて行きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をシェアする

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

NEW ITEM LINK