アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

自動車用エアバルブキャップ価格改定のお知らせ

フルビレットエアバルブキャップ2種類

アルマニアストアからのお知らせです。
2021年6月1日より「FULL BILLET AIR VALVE CAP」フルビレットエアバルブキャップ(標準表記とN2表記)の販売価格を改定致します。

スタンダードな六角形状を用いた形状をキープしながら、フルビレットならではの高次元のエアバルブキャップとして細やかな造形を加えて、馴染みやすいデザインに仕立てました。六角を象徴するロゴを与え、全体バランスを考慮した、どんなホイールデザインにもマッチするエアバルブキャップです。

2018年2月に登場(販売開始)した本品は、多くのお客様に支持され予想に反するほどのアルマニアの定番商品になりました。

フルビレットエアバルブキャップの側面
フルビレットで仕上げた特別なアルミ製エアバルブキャップ

押し出し材を利用する他社製品とは異なり、切削技術を活かした内部にまで至り1ピースでの全面切削を行った贅沢なエアバルブキャップではありますが、もう一歩先へと進むためのリニューアルを控え、旧タイプにスイッチするこちらの「FULL BILLET AIR VALVE CAP」をプライスダウン致します。

改定後の希望小売価格

旧価格2,200円新価格 1,650円(税込)

対称商品の種類

  • STD表記(親品番VU-001-HX)
  • N2表記 (親品番VU-002-HX)
フルビレットエアバルブキャップの2種類
フルビレットエアバルブキャップの装着イメージ

本商品は今後リニューアル予定となっております。今月中にはバージョンアップした新商品(本品の代替品)が登場致しますので、それに伴う価格改定にもなっております。

本品(フルビレットタイプ)は在庫限りの販売となり、売り切れとなったカラーから順に廃番となりますので、予めご承知おきください。

エアバルブカバーとの同時装着も可能です。

エアバルブカバーとは?

自動車のタイヤホイールに装着されている空気を入れるバルブのほとんどがゴム製のエアバルブとなっており、主剤となる「ゴム」の普段の大敵は太陽光を浴びる紫外線になります。
常に太陽からの紫外線や走行中の温度変化を繰り返し受け続け、次第にエアバルブ(ゴム)の劣化は免れません。ゴムが硬化し破損すればエア漏れも起こしてしまいます。
そんなゴム製のスナップインエアバルブを保護する「(フルビレット)エアバルブカバー」は、アルミを極薄に切削加工で仕上げたフルビレット品で美しいアルマイト仕上げでカスタムアップにも最適です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をシェアする

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

NEW ITEM LINK