アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

5G(ファイブジー)の携帯料金を税込比較

5Gはいくら?

MOBILE

いよいよ携帯通信会社の各社(docomo、au、SoftBank)から次世代通信網「5G」(ファイブジー) サービスが開始されます。

「5G」では、今までの「4G(LTE)」(フォージーやエルティーイー)とは料金プラン(基本料金)が異なります。

主要3キャリアのdocomo・au・SoftBankでは、ようやく5Gにかかる料金プラン(携帯料金)が出揃ったため、それらを税込金額で比較していきます。

キャリア別に料金を比較しようにも、金額表示が税抜であったり、キャリアごとに異なる料金プランでの割引プラン名、割引後の金額が書いてあったりと、相変わらず携帯料金は分かりにくいだけでしかありません。

そこで、最大でかかる基本料金として実態に近づきやすい「割引なし」+「かけ放題」税込で比較していきます。

5Gにしたら毎月いくらになるの?

シンプルに考えやすいよう、全ての割引をなしにして、基本料金ベースで通話はかけ放題+5Gの基本料金ベースという構成( 【通話かけ放題】【5Gデータ通信】)を税込の合計で各社算出してみました。
以下に表にもまとめて比較します。

5G料金算出の条件

  • 割引なし
  • 通話はかけ放題
  • データ通信の容量制限は各社プランの最大
  • 5G端末代は含まず
  • 1回線の金額

これで5Gにしたときにかかる月額の費用イメージと、キャリア別の料金違いを比較しやすくなります。

税込み5G料金各社比較
docomo au softbank
プラン名称 5Gギガホ データMAX5G メリハリプラン
容量制限 100G 無制限 50G
データ通信料金(税込) 8,415円 9,515円 9,328円
かけ放題(税込) 1,870円 1,870円 1,980円
税込合計 10,285円 11,385円 11,308円

各社ごとに、この合計料金(税込み)から様々な割引が追加されていき、最終費用が算出されます。

そのため、ここでの合計費用が基本料金ベースの最大でもあり、期間的な割引終了後(2年以降など)の基準額として考えていただければ良いかと思います。ほとんどの場合は割引が適用され、この税込合計金額以下になります。

各社の5G料金内訳

docomoの5G料金

ドコモは「5Gギガホ」「かけ放題」税込み10,285円となりました。基本料金ベースのキャリア別では最も安くなりました。
他のキャリアよりも1,000円ほど安くなっています。

docomoの5G料金内訳
  • 100Gとなっていますが、実質無制限です。

auの5G料金

auは料金シミュレーションがまだ5Gプランに対応していなかったため、料金表から算出しています。
「データMAX 5G」「通話定額(かけ放題)」税込み11,385円となりました。基本料金ベースのキャリア別では最も高くなりました。

auの5G料金内訳
  • データ容量は無制限

SoftBankの5G料金

ソフトバンクは「メリハリプラン」「5G基本料」「定額オプション(かけ放題)」税込み11,308円となりました。ドコモよりも1,000円ほど高くなっています。

ソフトバンクの5G料金内訳
  • データ容量は50GBですが、ほとんどのSNSから動画サービスなどがノーカウントとなるため、こちらも実質無制限に近い状況になるようです。
  • 5G専用プランはなく、通常プランに5G費用として+1,100円 (税込)

5Gには対応スマホが必要

5G対応docomoスマホ
ドコモの5G対応機・5Gサービスに機種交換が必要

5Gサービスを利用するには5G対応スマホが必要になります。これは今までのモデルには5G対応機が存在していませんでしたので、全てのキャリアで新たに機種変更する必要があります。

このスマホ端末分の費用を分割にする場合は、割賦になりますので毎月の合計支払い額が上がります。もちろん端末は一括で購入してしまえば通信+通話の月額基本料のままです。

5Gの料金まとめ

  • 基本料は5Gだからといってそれほど大きくかかるものではない。
  • 3社とも5Gデータ容量は実質無制限+かけ放題で月額税込みで11,000円前後の上限
  • 5G対応スマホを新たに用意する必要があり、費用がかかる。
  • 5G専用プランがあるのはドコモとau
  • ソフトバンクは4Gと同じ基本プランで5Gオプションの料金構成
  • 各社、5G料金としては+550円(docomo)か1,100円(au,softbank)程度のアップになるだけ。

この記事が役に立ったらシェアしてね!

コメントは受け付けていません。

この記事の前後リンク

RECCOMEND

NEW ITEM LINK