Loading...
Now Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

センターキャップの展示用ディスプレイ

★Blog(ブログ)

アルミビレットセンターキャップの展示台

アルミビレットの仕上がりや品質については、どうしても画像だけでは伝わりにくい部分はございます。二の次にされやすい切削での仕上がり部分は実際は各社全く違っており、これはなかなか画像からだけでは判別できない事は承知しております。

アルミビレットセンターキャップの展示台

センターキャップの仕上がりは、スマホ用バンパーとも異なっており、細やかな仕上げを多段的に与えています。これは生産する機械の種類の違いでもありますが、せっかくなので実物が見れるようなディスプレイ台を検討しております。現在のところ5色あるため、5色が並ぶような展示台で上部にPOP(広告部分)を印刷で目立つような形状です。
現在のところは概要設計になっていますので、もっと安定しやすい形状などへ全体的に変更して行きます。

オクタゴンビレットディスプレイボタンのレッドが販売を再開しました!

在庫・欠品・入荷情報

XZ1,XZ1C,XZPでご利用いただけるオプション品

XZ PREMIUMのロッソカラーの登場により、こちらも早々に売り切れとなってしまっておりました、エッジラインのオプション品となる「オクタゴンビレットディスプレイボタン」の【レッド】が完成し、ストア内にて販売を再開しました。お待ちいただいていたお客様には少々お時間が掛かってしまい申し訳ございませんでした。
ストア内の商品ページリンク

オクタゴンビレットディスプレイボタンのレッドとガンメタ

XZPのロッソカラーに合わせたレッド系のバンパーカラーだけでなく、ブラックやシルバーとの組み合わせでもワンポイント性が高くディスプレイボタン部分が目立ちやすくなります。オプション品扱いであることと、指紋認証機能がご利用できなくなりますので、その点はご注意ください。

エアバルブキャップのデザイン検討案

AIR VALVE CAP

エアバルブキャップのデザイン検討案

現在、六角タイプでの商品化となっているフルビレットエアバルブキャップですが、別のデザイン案もあり、当初内部のバルブコアガード部分を別部品でも検討しておりました。
画像の赤い部品がバルブコアガード部品になりますが、ナイロン製で合計3pcs構成の予定でもありました。内部のネジを加工するためにはどうしても、一般的には内部の奥を(コップの底のように)突っ切らなければネジ加工ができないためです。

エアバルブキャップデザイン

3pcs構成であれば各々の加工や生産は難しくないので商品として成り立ちますが、パッキンは仕方ないとして、なんとか内部の突起も1体で削り出すことに成功して2pcs構成にしたのが現在の商品状態となっております。

手帳型ケース(試作品)を装着確認しています。

iPhoneX

試作品(iPhoneX用)に本体装着状態の正面側

iPhoneX用手帳型チェイスの試作品正面

現在、iPhoneX用にCHASEシリーズの商品化検討を行っております。今回、フリップを設けてマグネット式で開きを抑制できるようにしています。iPhoneXの場合は、ケースを開くと本体機能によって同時に画面が点灯させることができるようになっていますので、すぐに画面操作に入れるため便利な仕様です。

試作品(iPhoneX用)に本体装着状態の裏側

iPhoneX用手帳型チェイスの試作品裏側

手帳型の大きな利点としてのスタンド機能も併せ持ちます。フリップはひっくり返して裏側にもマグネットで貼れるようになりますので、邪魔にもならないようになります。全体的にもう少し特徴付けたいところがあるのですが、ヘアライン風の表皮が大きな特徴でもありますので、もう少し検討が必要です。

発送完了メールから配達状況をワンクリックで確認できるようになりました。

●New Info(最新情報)●

配達状況をワンクリックで確認

アルマニアストア内でご購入いただき、発送完了後に送信される「発送完了メール」内には、配送番号を記載させていただいており、その下段にヤマト運輸様の追跡確認先のリンクが貼られております。
今までは、配送番号をコピーしておく必要がございましたが、メール内のリンク先をクリックしますと、リンク先に飛んだ際にお客様の配送番号も自動で入力するように変更致しました。

発送完了メールの内容

こちら、アルマニアストアで発送完了後に送られるメール内容になります。配送番号はメール内の中段あたりに記載されております。

メール内の中段あたりに記載

リンク先の状態

ヤマト運輸様のリンク先に移動した時点で、配送番号は自動で入力されて、発送状態の情報ももそのまま表示されます。
そのため、配送番号を入力して、「お問い合わせ開始」ボタンまでもクリックする必要がなくなりました。
今では当たり前にもなっている機能でもありましたが、対応が遅れており申し訳ございませんでした。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

PAGE to TOP