Loading...
Now Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

スマートキーバンパーの一次試作

SMART KEY BUMPER

スマートキーバンパー、一次試作の正面側(プリウス50系)

スマートキーバンパー試作正面側プリウス
こちらは主に切削による内部の形状のフィッティング感を確認するための試作品になります。そのため、商品化の際にはここから外観を煮詰めて変更して参りますので、商品のデザインとは異なります。構成自体は同様になる方向ですので、3箇所でのネジ止め式になります。

スマートキーバンパー、一次試作の背面側(プリウス50系)

スマートキーバンパー試作裏側プリウス
ただのスマートキー用のバンパーでは面白くないので、スマホ用バンパーでも以前に吊り下げができるよう「センターフック」を商品化しておりましたが、同等の機能性を持つ部分を加えております。そのため、少し大きさを感じてしまいますが、様々なアクセサリーやご自宅の鍵などと組み合わせてご利用しやすいようになります。
スマートキーの場合、正面は一体どっちが正解なのかちょっと?マークが付いてきますが、やはりボタン側ではなく、車名ロゴ側になるような気がしてますので、ネジ位置も逆になりそうです。

一見すると湯呑なのですが…

★Blog(ブログ)

ただのお茶器のセットに見えますが

特に当社製品とは関係ないお話ですが、こちら、とある企業様へ打ち合わせに伺った際に出されたものでしたので、ぱっと見た時に普通のお茶器のセットと認識してましたが、お茶をいただこうと手にした時、なんか触感が違います。あれ?ずいぶん柔らかい…

なんと、シリコンで出来た茶器セットでした!表面の艶の感じが陶器の質感にそっくりでしたので全く気付いておりませんでした。ちなみに蓋もお皿もシリコン製です。

あくまでも展示用に作ったようで、陶器の厚みと同じ為、軽く持っただけで曲がってしまいます。そのまま実際にお茶を入れていただいて飲んだのですが、やはり少々飲みにくいのと、長期的な使用ではお茶の色が染みてしまい綺麗で無くなってしまうようです。
人は物体を個人の知識の中から勝手に認識してしまうので、気をつけなければならないと改めて思ったという件でした。

4月よりDM便がご利用いただけなくなります。

●New Info(最新情報)●

4月以降の発送分より摘要となります

ヤマト運輸様の変更によりまして、4月以降の発送分からポスト投函方法である「DM便」(旧メール便)がご利用いただけなくなります。
今後はポスト投函での発送は「ネコポス」のみとさせていただく形となりますので、予めご承知おきください。ネコポスは旧速達メール便の位置づけでもありましたが、費用は上がってしまいますが宅急便と同じ日数で到着が可能ですし、配達をドライバー自信でも行うようなので、より確実なお届けが可能にもなっております。

「DM便」というサービス自体が廃止となるわけではなく、お求めいただいた商品の発送にご利用いただけなくなることになりまして、今後は「ネコポス」のみでの扱いになるということでございます。ポスト投函は不在でも受け取れる便利な方法ではありますが、トラブルも発生しやすい方法ではありますので、少し費用は上がってしまいますが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

なお、アルマニアストアでは、4月2日(月)以降のご注文分からDM便の発送方法を廃止するよう予定しております。

スマートキーバンパーの試作を開始しております。

SMART KEY BUMPER ★Develop(開発情報)

現在開発中の自動車用スマートキーのバンパー試作を開始しております。

昨今ではスマートキーの種類も多種になってきておりますが、スマホ同様にモデル専用品にはなってしまいます。開発中モデルは50系プリウス(現行)や、C-HR、カムリ(現行)に使用されているタイプにはなります。

但し、スマートフォンとは異なる大きな点では、形状が3次元曲面になっておりますので、3次元切削が必要になってきてしまいます。そのため、ボールエンドミルという、先端が半球になっている加工ツールを用いて内部を3次元に加工する必要があります。
一般的な3次元曲面の加工プログラム上では、XYZの座標で指示し、その点を少しずつ移動させることで3次元カーブを形成します。このXYZ座標をどこまで分解するかによって、加工後の曲面の滑らかさも変わってきます。

LEXUS_GS350にアルミビレットセンターキャップ(TY01A-FLT1)の取り付け

CENTER CAP TOYOTA

レクサスGS350アルミビレットセンターキャップの取り付け確認対象車

レクサスの「GS350」(型式GRS191)に「アルミビレットセンターキャップ 」を装着確認しました。

BRANDLEXUS
MODELGS350(DBA-GRS191)
WHEEL SIZE17inch
TIRE SIZE225/50R17
GENUINE PART NO.42603-30590

装着した純正アルミホイール

レクサスGS350アルミホイール

現行型ではありませんが、レクサスが日本での販売を開始し始めた頃のISに並ぶ人気車となったGS350の純正アルミホイールは17インチです。先日の現行型「RX」とは異なり、(外周にメッキの縁がなく)レクサスのLマークだけが立体でクロームメッキ化されています。

アルミビレットセンターキャップの取り付け

純正ホイールを取り外して、今回はシルバーのアルミホイールに合わせてカラーには「メタルシルバー」を選択されております。

アルミビレットセンターキャップのメタルシルバー装着

純正センターキャップのみを取り外した状態

こちらは、通常センターキャップだけを取り外した状態でホイールをハブに戻すことは少ないので、セット状態が分かる画像になります。GS350ですと、FR(駆動が後輪)のため、リヤにドライブシャフトのネジの先端が見えるようになります。
レクサスGS350のセンターキャップのみを取り外したフロント状態
センターキャップのみを取り外した状態(フロント)

レクサスGS350のセンターキャップのみを取り外したリヤ状態
センターキャップのみを取り外した状態(リヤ駆動側)

装着後の状態

レクサスGS350にアルミビレットセンターキャップ(ブルー試作品)を取り付けた状態1
レクサスGS350にアルミビレットセンターキャップ(ブルー試作品)を取り付けた状態1
現在、商品カラーラインアップにはないブルーを試しに装着させていただきました。(最終的にはメタルシルバーを装着しています)
ハイブリッド車にはハイブリッドエンブレムがブルーのため、ブルーのご要望もあるのですが、ブルー系ですと「ネイビー」のみの設定となっております。
なお、今回交換した純正のレクサスのセンターキャップ純正品番は【42603-30590】になります。
ミニバンからSUV、セダン、現行車から少し時間が経っている車種まで幅広い車種でご利用いただけるタイプになっております。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

PAGE to TOP