Loading...
Now Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

2019年度の年末年始休業日のご案内

★Blog(ブログ)

2019年度の年末年始休業日のご案内

2019年度の年末年始休業期間を、12/29(土)~1/6(日)までの計9日間とさせていただき、新年明けは1月7日より営業を開始させていただきます。今回の休業期間は大変長期となりまして、ご迷惑をお掛けしますが何卒宜しくお願い致します。
なお、休業期間中のご注文分は新年明け営業開始日1月7日(月)の御注文扱いとさせていただき、発送手配は翌日の1月8日(火)になります。特に到着日時指定を指定されるお客様には、ご希望に添えない場合もございますので予めご承知おきください。

2019年度の年末年始休業日

12月28日(金) 通常営業
12月29日(土) 年末年始休業日
12月30日(日) ↑
12月31日(月) ↑
1月1日(火) ↑
1月2日(水) ↑
1月3日(木) ↑
1月4日(金) ↑
1月5日(土) ↑
1月6日(日) ↑
1月7日(月) ~ 年明け営業開始となります。

ご注文、及びお問い合わせ等につきましては休業期間中も24時間受付けてはおりますが、年明けの1月7日以降の順次回答となりますので何卒ご了承ください。

iPhoneXR用エッジラインが生産を開始しました

iPhoneXR/Xs/X

iPhoneXR用エッジラインが生産を開始しました

試作品が完成し確認を行っておりましたiPhoneXR用エッジラインですが、生産時の改良部分を反映させてプログラムが完了したため、商品化に向けての生産を開始しております。

iPhoneXR用エッジラインが生産を開始しました

順調に進んで、全色揃うことは難しいですが、数色はなんとか年明け1月には発売を開始できる見込みです。今シーズンのiPhoneシリーズの中では予想通りXRが好調のようです。アップルウォッチのアルミボディーとステンレスボディーのようにXRとXsが位置づけされているような感覚にもなります。

XZ3用エッジラインの設計状況

Xperia_XZ3

XZ3用エッジラインの設計状況

XZ3用エッジラインの設計が、なかなかの困難を極めておりますが、ようやくもう少しのところまで来ています。外観上は成立した状態なのですが、内部の加工方法も今までにない複雑な状況になっており、干渉部分を取り除くカットラインの調整を行っております。

XZ3用エッジラインの設計状況

外側デザインの基本はエッジラインですが、全身保護性能を発揮するために立体的なXZ3に合わせてバンパーも立体的になってきています。まもなく設計は完了して試作製作に入ってまいります。

15年前のソニーエリクソンSO505iS

★Blog(ブログ)

15年前のソニーエリクソンSO505iS

ケータイつながりでご紹介してしまいますが、何故か捨てられていなかった15年も前のソニーエリクソン製で「SO505iS」が出てきたので懐かしくてアップしてしまいます。(汚くてスイマセン)
折りたたみが主流の中で回転するディスプレイが異彩を放ち、斬新さに飛びついて手に入れた覚えがあります。

SO505is

こちらのSO505iSの仕様を調べてみたら、ディスプレイが240×320ドットの26万色という、現代のドライブレコーダーのモニターにもならないほどのものでした。まさか、今ではモニターがタッチディスプレイになるなんて、その時は知る由もなかったわけです。

iPhoneXRのエッジライン試作品が完成

iPhoneXR/Xs/X

iPhoneXRの試作品が完成

最近ではiPhone自体がどのタイプ(8なのかXなのか)であろうと遜色を感じにくくなってしまったようにも思えてしまいます。それにはiOSというアップル独自のOSが同じであり、常にOSが進化していることで成り立つものであります。iPhone5でもこのOSが充分動作できる現在の中、本体も確かにデュアルレンズや全画面化などで進化しているものの、行き詰まり感は拭えません。

iPhoneXR試作品

本体が進化するにあたって、本体価格が上がってしまう傾向は仕方ない部分でもありますが、これからiPhoneを選ぶならば、バランス感では新型のiPhoneXRが最もお勧めできるモデルになります。アルマニアではiPhoneXR用のエッジラインを開発中で試作品が完成した状態です。今後詳細を検証して販売に向けて進めてまいります。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

PAGE to TOP